スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

年末年始の旅 2日目‐ Menton - Milan

12/27(日)

いざミラノへ!!

7時59分にマントンを出発する電車に乗るために、7時半頃ホテルを後に。

駅に着く頃にやっと明るくなった。案の定電車は10分弱遅れたけど
ドンと来〜い!



フランスも地方線はまだかなり古い車両が走ってるけど、イタリアの電車は
フランスに比べるとだいぶ年季が入ってる。だから電車賃安いのかな。



ちなみにヴェンティミリアからミラノまでは一番高くても29ユーロ。
所要時間は約4時間。ネットで予約して完全チケットレスで乗れるのがすごい。
メモした予約番号を渡すと、検札に来た車掌さんがレシートをくれた。

電車の中は6人掛けのコンパートメント(個室)形式になっている。
こちらでは見知らぬ人同士でも挨拶が基本なので、個室に入るときに
「ボンジョルノ!」。ちゃんと返してくれてちょっと嬉しかった。

途中、緊張しながらもキッチリお昼は食べて(またヴェンティミリアで
同じパニーノ買っちゃったパンの種類が前日とは違ってた。)
何事もなく定刻にミラノ・セントラル駅に到着!!

ミラノでのホテル「Hotel Cavour」まではメトロで3駅。
立地もいいし、値段も手頃だし、感じ良いし、かなり満足なホテルだった。

親友と再会できるのは明日なので、とりあえずひとりでブラブラ。

ジャーン!ミラノのドゥオモ(Duomo di Milano)!!美しい〜。



1386年に最初の石が置かれてから、完成まで5世紀もかかったという。

中央扉の見事な彫刻。同じ人間がやったとは思えん…。



明日もう一度来るので、中に入るのはおあずけ。

ミラノの街中を走るトラム。



味があっていいな。

今日は暗くなる頃にはホテルに戻るつもりなのでそろそろ夕飯を調達せねば…
と思いつつ引き続きフラフラ。でもフランスみたいにお惣菜屋さんも
なければスーパーもない!!良く考えれば丸の内でスーパーを探す
ようなもんだったのかな。

食料を求めてたどり着いたスフォルツェスコ城(Castello Sforzesco)。
1450年にこの姿に改築されたとか。今は美術館・博物館になっていて、
ミケランジェロやダ・ヴィンチの作品が見られる。こちらも中は後日。



600年近くもこの姿を保ってるってすごいなぁ…。



というわけで、食料探し時間切れ〜。思い切り観光客目当てのお城前の
スタンドで生ハムのパニーノを買ってホテルへ。ちと塩味がキツい。

嬉しいことにホテルでJSTVが見れたので、久々に湯船に浸かった後、
のんびり「ちびまるこちゃん」や「笑点」を見る。ミラノで笑点!贅沢!!(笑)

寝る前、親友から電話が入って無事着いた模様。ひと安心して今日も
オヤスミナサイ

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment

= いっしーさん =

明けましておめでとうございます!
こちらこそ今年もよろしくお願いします〜。

とうとう行かれたんですね!コメント見て早速
レポート拝見しに行っちゃいました。
さすがロブション、レポートも3部作ですね!!
指をくわえて読ませていただきました(笑)。

私に選ばせるとやっぱり北島亭になりそうかな〜。

後編も楽しみにしていますネ!!
遅くなりましたがあけましておめでとうございます&今年も宜しくお願いいたします☆

ドゥオモの写真、滅茶苦茶キレイですね!!スカッとした青空が気持ちいいです♪

先日グルメーゼ新年会@奮発してロブションを開催してきましたよ!にゃぐさんが帰国した暁にはご希望のお店で開催しましょうね♪・・・やっぱり北島亭でしょうか?(^^)
= Anneさん =

ホントにミラクルだよね〜。しかもあの緻密さったら。
フランス人もイタリア人も食と芸術に関して(だけ?)は勤勉だね(笑)。

確か単数だとパニーノで複数だとパニーニじゃなかったっけ。
シンプルなバゲットはフランスがピカいちだけど、値段で考えたら
サンドイッチはイタリアの方が美味しいかも。
イタリアの建築は荘厳で重厚だね〜。圧倒されてしまう。
ピラミッドにしてもduomoにしても、なんの機械も重機もなかった時代に作られたとは・・・。ミラク〜ル!

この写真のトラム、いいね♪

国境を越えるとちゃんパニーニ(ノ?)が登場するところが面白かったです!


  • Anne
  • 2010.01.08 20:51





 

Trackback

http://janvier27.jugem.jp/trackback/67