スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

年末年始の旅 1日目‐ Menton - Ventimiglia

10/26(土)

イタリアとの国境の街マントンへ出発。

当初は、ミラノ行きの直通電車が出るニースに前泊する予定だったけど、
直通がないことが直前になって発覚した(かなり焦った)ので、いっそのこと
さらにイタリアに近付き、国境の街マントンに泊まることに。

約10日分の重い荷物を持って駅までえんやこら。家の近くを歩いているとき
通りかかった車のおじさんが「乗っていく?」と声をかけてくれて、「うん」と
言いたいのは山々だったけど、そこはやはり慎重に…ということでお断り。
おじさん、気持ちだけありがとう

カンヌからマントンまでは電車で1時間20分位。



あいにくの曇り空。

2月にはレモン祭りが開催されるほど柑橘類が特産品なだけあって、
あちこちにオレンジの実がなった木が。良い香りもする。



ホテルに荷物を置いて、まずは街の中を散策…とは行かず、翌日の乗換え駅
ヴェンティミリアを偵察しに行くことに。どんだけ心配性。

マントンからヴェンティミリアへの電車が遅れがちなことが発覚したので、
乗換えの時に焦らないようにしておきたかったもので。でも、心配性の
おかげで予定になかったヴェンティミリアの街を見ることができた!

マントンからヴェンティミリアまではたったの12分。



山をひとつ越えるとそこはもうイタリア!!言葉全然わからーん!!
島国出身の日本人にはちょっと不思議な感覚。



ちょうどお昼時だったので駅のカフェでモツァレラとトマトのパニーノを購入。
フランスより物価が安い。そんでもって超美味しい〜

駅の様子だけ確認したらとんぼがえりしようと思っていたけど、パニーノ片手に
1時間だけ駅の外に出てみることに。と言っても駅前の道を直進しただけ。
でも、こんな古い街並みに遭遇。



建物の色合いは南仏と同じだけど、微妙に暗い雰囲気がイタリア!って感じ。

地中海に注ぐ川。



ちょっとした散歩を終えて駅へ戻り、マントンへ戻る電車に乗る。



今度こそマントンの街を散策。カラフルでおもちゃみたいな旧市街。



階段を上るとサン・ミッシェル・バジリカ聖堂に出る。



17世紀に建築が始まったらしい。どこに行っても立派な教会がある。



マントンは前衛芸術家ジャン・コクトーゆかりの地でもある。
名前しか聞いたことのない私でもコクトーがデザインした市庁舎の中の
「La Salle des Mariages(婚礼の間)」は見てみたかったのだけど、
お役所なので土曜日は開いてない…
日本から結婚式を挙げに行く人もいるそう。

市庁舎外観だけでスミマセン。



暗くなってきたのでホテルへ戻る。今日も今日とてお惣菜ディナー。



明日の朝は早いので、早々にオヤスミナサイ

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment

= 酒量増えてる受験生の母さん =

衝撃的なお名前でしたが、推測当たっていてヨカッタです。
一度と言わず、またコメントしてくださいね!
ポケモンは分からないのですが、私の見ているものを
生中継で見ると、安ワインばっかり見ることになると
思います(笑)。
お互い飲みすぎに気を付けましょう!!
マントン、二十年以上前に行ってとてもきれいだったので、なつかしい!ポケモンのラティオスみたいに(知ってる?)にゃぐさんの眼で見てるものを生中継で見られたらな。もう帰宅してるのでしょうか。寒さに負けずにがんばってね!(一度ここに書きたくて書いてみました。こんな名前でいいのかな)
  • 酒量増えてる受験生の母
  • 2010.01.13 23:25
= 金八山さん =

明けましておめでとうございます!

金八山さんに写真を褒めて頂くと嬉しいです。デジイチでございます。
あいにくマダム同伴の旅ではなかったので(笑)、偶然うまいこと
撮れたって感じです。

せっかく被写体がたくさんあるのに、「オート」か「発光禁止」
ぐらいの機能しか使っていない残念なヒトです…。
= Anneさん =

心配でドキドキしたままだと気分悪くなるんだもんよぅ。

そっか。せっかくだから国境まで行けば良かったね!って
あの迷子のときはそんな余裕皆無だったけど。

パスポートもいらないしね〜。でもせっかくだからスタンプぐらい
欲しいのにな。
明けおめことよろ!

教会の中、奇麗に撮れてますね。デジイチですか?
まさかマダムが撮ったのでは・・・(笑)。
写真の被写体が沢山あっていいですねぇ。

それと、日本みたいにホームに黄色い線がひいてあるみたいですね。
  • 金八山
  • 2010.01.06 21:35
あの時あと少しAuto Routeに乗っていたらMentonに着いてしまっていたね。国境越えしてしまうのではないかと冷や冷やしたものです。南仏の地図を何十回とgoogle mapで見ていたのもあってなんだか私にまで馴染みのあるMenton。行けてうらやましい!本当に越境するのがあっけないのよねヨーロッパ。なんとも不思議な感覚ですな。海を渡るか空を飛ぶかしないと海外には出られない日本人には感動してしまうよね。

それにしても心配性にもほどがあるっ!
どうしてこうも違う性格かねぇ(笑!)
  • Anne
  • 2010.01.06 20:23





 

Trackback

http://janvier27.jugem.jp/trackback/66