スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

音楽の?旅 - プラハ編その1

2010/7/12(月)

プラハに移動。

DSC_0110 (2).JPG

朝ごはんはマックを買い込んで車内で。「i'm loving it」が「ich liebe es」になってる〜。

DSC_0076 (2).JPG

世界の車窓から。



DSC_0085 (2).JPG

DSC_0093 (2).JPG

で、プラハ駅に到着。所要時間は約4時間半。

DSC_0116 (2).JPG

プラハではタクシーに注意!駅の出口のタクシースタンドらしきところに普通に並んでいても実はボッタクリ。危うくカモになるところだった。

駅の観光案内所に行くと、行き先に応じて事前に金額を確認した上で正規のタクシーを呼んでくれます。

プラハなのに滞在したのはなぜか「Hotel Paris」(笑)。物価が安いからか、5つ星ホテルなのにパリの狭ーいホテルよりお安い。この旅一番のステキ宿だった。1泊だけだったのが悔やまれる。

DSC_0121 (2).JPG

荷物を置いたら早速旧市街を散策に。

DSC_0130 (2).JPG

DSC_0132 (2).JPG

DSC_0133 (2).JPG

DSC_0137 (2).JPG

有名な天文時計は建てられてから600年も経過している。正時になるとからくりが動き出すので人だかりが。



プラハと言えば、もうひとつ有名なのがモルダウにかかるカレル橋。ヨーロッパに現存する最古の石橋。

DSC_0156 (2).JPG

このカンカンの太陽に照らされながら橋の両脇の出店を見ていたせいか、渡り切る頃には日射病のようになってちょっとクラクラ。

ちょうど良いところにオアシスが(笑)。

DSC_0161 (2).JPG

カフェを出る頃にはちょっと日が傾いてきた。モルダウの流れが美しい。

DSC_0163 (2).JPG

DSC_0164 (2).JPG

この後はまたオペラを見ることになっていたのでスタヴォフスケー劇場(エステート劇場)へ。

DSC_0167 (2).JPG

モーツァルトが自分の作品を指揮した劇場として唯一現存する劇場だそう。内装もとっても豪華。

DSC_0172 (2).JPG

が!やっぱりシーズンオフの観光客向けオペラはショボくて見ていられず、途中で退席…(涙)。

帰りは天文時計のある広場で屋台が出ていたおかげで、ビール片手におつまみを食べて、気持ち良くなってホテルへ帰ったのでした。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment






 

Trackback

http://janvier27.jugem.jp/trackback/226