スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

モン・サン・ミッシェル

9/24(金)

美しかった…!

 DSC_0408.JPG

ツアーでは、ホテルで夕食の後、ライトアップされた姿を見にバスで連れていってくれた。

パリからモン・サン・ミッシェルのツアーは日帰りのものもあるけど、それだと夜景は見られないし、みんなが一斉に押し寄せて修道院内の見学も大混雑するので、一泊ツアーで正解!

周囲に明かりが一切なく、三脚もないのでブレまくって、苦心の末なんとか撮れた一枚。近くに停まっていた人さまの車の屋根の上にカメラを置いて撮ってみたりも…。スミマセン(笑)。

DSC_0391.JPG

一夜明けて、修道院内の見学に出発!

駐車場には「この時間には満潮になるから車をどけてね」という注意書き。たまに車を完全に海に沈めてしまうウッカリさんもいるみたい。

DSC_0414.JPG

モン・サン・ミッシェル(Le Mont St. Michel)の歴史は、708年に司教オベールが夢の中で大天使ミカエル(St. Michel)に聖堂を建てるようお告げを受けたことに始まって、11世紀に今の姿に。

入口に辿りつくまでの階段はなかなかハード



DSC_0427.JPG

展望広場からの景色。モン・サン・ミッシェルはきれいな晴天より、降ったりやんだり時々日が差したりのこんな天気が似合う気がする。



DSC_0433.JPG

石を運んだ人が自分の石に刻んだ数字。これをもとに出来高でお給金をもらっていたそうな。

DSC_0439.JPG

モン・サン・ミッシェルの修道院は3つの建築様式が用いられた珍しい建物。





DSC_0463.JPG

「静謐」という言葉が良く似合う。

DSC_0472.JPG

DSC_0478.JPG

ホタテ貝は巡礼のシンボル。

DSC_0481.JPG

神秘的な黒いマリア様。

DSC_0487.JPG

この方こそが大天使ミカエル。

DSC_0498.JPG

修道院そばの教会前のジャンヌ・ダルク像。ジャンヌ・ダルクも大天使ミカエルの啓示を受けたという言い伝え。

DSC_0507.JPG

モン・サン・ミッシェルと言えば、ふわふわあわあわオムレツ。実は高くて美味しくないことで有名(笑)。ガイドさんがお店の人に頼んで、オムレツ半分とムール貝のランチメニューを手配してくれた。

さて、そのお味は…

DSC_0510.JPG

本当に美味しくない!!(笑) っていうかまったく味がない…。半分でも食べきらず。

私たちが食べたのは別のお店だったけど、オムレツと言えばこの「プーラールおばさんのお店」。日本でもお菓子が売っていたりする。



卵をリズミカルに泡だてて、フライパンで直火にかけて出来上がり。見た目は美味しそうなのにね…。

DSC_0524.JPG



「熱海っぽい」という感想を持つ友達もいたけど(笑)、私はパワースポットってこういう所を言うのかなって思ったほど、言葉にできない不思議なパワーを感じた。



パリに戻る途中で立ち寄ったのは、ノルマンディー地方の港町、オンフルール。姉曰く、北欧っぽい雰囲気。

DSC_0530.JPG

サント・カトリーヌ教会は珍しい木造の教会。

DSC_0535.JPG

DSC_0536.JPG

どの街を見ても、結局結論はひとつ。どこに行ってもきれいでズルいぞ、フランス!!

DSC_0542.JPG

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment

= Anneさん =

モンサンで「何か」感じたよね!

BSのナンシーは超タイムリーだった〜。
あのお店、飴買ったお店だよ!!!
アールヌーボーはあんまり出てこなかったねぇ。
モンサンミッシェルは確かに何か得体の知れない
「気」がわらわらしていたような気がする。感じたもん!
フランスどこに行っても圧巻だったなぁ。
何度でも行きたい!

これを書いてる今、BSでナンシーやってる。
このお店行ったんじゃない???
  • Anne
  • 2011.03.07 20:15





 

Trackback

http://janvier27.jugem.jp/trackback/194