スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

山ガール、ネパールへ行く

姉、ネパールでトレッキング中。



一緒にインドに行った時に飛行機の窓から見たこのヒマラヤ山脈が忘れられない!と言って、わざわざアメリカからバックパックやシュラフを取り寄せて、にわか山ガールになって旅立っていった。

今頃モリモリ歩いてるかなぁ。きれいな星空見てるかなぁ。

それにしても技術の進歩はスゴイもので。ネパールからも自前の携帯が普通につながったみたい。ちょっと安心。

ブログを見てくれる友達に「お姉さんなんでそんなに休めるの?」と良く聞かれるけど、私にもナゾ(笑)。普通の会社員なのに…。9月にはパリに来たのに…。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment

= Anneさん =

何はともあれ無事でよかったよ。
週末写真楽しみにしてるね。お土産も!!!
富士山は美しいけど、迫力では負けちゃうかもね〜。
でも間近で見た7000m+級の迫力がどんななのか
全然想像つかないや〜。
福利厚生が全然ないんだもん、有給休暇ぐらいは好き勝手に取るもんね〜。
その自由が利くとこが唯一辞めていない理由とも言える。

今日会社の窓から見た富士山がとっても小さく見えてしまった…。大迫力で7000m+級を見てしまうとこうなるのかしら。富士山は富士山で美しいけど!
  • Anne
  • 2011.02.16 20:21
= kenepiさん =

携帯、お世話になっております(笑)。

すごいですね〜!自作の地図ですか〜。
目星をつけていった川や集落は実際にあったのでしょうか?
思い出もひとしおですね。

今日ちょうど山から下りてきたみたいで電話があって
「ネパール、やばいよ!!」と言っていました。
ネパール!!

行きましたよ、今から20年前、たった一人でトレッキングに。

携帯どころかガイドブックもなかったので、
図書館に通って民俗学の文献を読み漁り、
自分で地図を作りました(笑)
ここに川があるハズ、とか、この峠を越えると集落がある、とか。。

行ったのが雨季の真っただ中で、ヒマラヤは毎日雲の中。
歩いてると木の上から蛭が降ってきて首筋から入り込むし・・

奥へ奥へと一週間歩いて、
ある日、ようやく夜明けに一瞬だけ全天が晴れ渡りました。

マナスル、マチャプチャレ、アンナプルナ、ダウラギリ
7000m、8000mの高峰がそれこそ視界いっぱいに!

今思い出しても体が震えます。








 

Trackback

http://janvier27.jugem.jp/trackback/186