スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

食い倒れの旅 - バルセロナ編 その2

5/26(水)

ガウディさん、こんにちは。

バルセロナ2日目の朝ごはんはランブラス通りのエスクリバで。1820年創立という老舗のカフェでデニッシュとカフェ・コン・レチェを頂く。



店長らしきおにいさんがおネエ系でやたらプリプリ怒っていたので、食事をしながらアテレコして遊んだりして(笑)。

バルセロナの中心でお買い物を楽しんだ後は、グエル公園へ。

DSC_0761.JPG

実は私、グエル公園の存在を知らなかったのでした…。ガウディさんが建築した世界遺産の1つで、もともとは住宅地として建てられたけれど、60軒のうちたった2軒(本人含む)しか売れなかったのだとか。そのおかげでみんなの公園になったのね。

公園の入り口にはお菓子の家みたいな2つの建物。

DSC_0757.JPG

DSC_0760.JPGクリームがかかっているみたい。

その先に進むと…。

DSC_0752.JPG

階段の両脇のタイルは全部模様が違っていて、しかも一度割って砕いたものを張り合わせたような手の込んだもの。

DSC_0717-1.JPG DSC_0718-1.JPG DSC_0734-1.JPG 
DSC_0749-1.JPG DSC_0747-1.JPG DSC_0750-1.JPG 
DSC_0719-1.JPG DSC_0721-1.JPG DSC_0751-1.JPG

この階段の真ん中に冒頭のトカゲちゃんがいる。ものすごい記念写真行列。

階段を昇って広場に出て、バルセロナの街を一望した後はベンチでお昼ごはん。この波型?のひとつひとつが全部ベンチになっていて、広場をぐるっと一周している。

DSC_0740.JPG

前夜の残り物とスーパーで買い足したチーズとワインで盛り上がっていたら、隣に座ったフランス人マダムに話しかけられた。ご家族で旅行中だったそうな。まさしくフランス人!と思ったのは「そのハムもチーズもワインもフランスが発祥なのよ」という一言。スペイン隊長はもちろん小声で反論(笑)。お隣同士ってなんで張り合っちゃうんでしょ。

ガウディさん、また明日も会いに行きます。

夜はカタルーニャ音楽堂でカルテットのコンサート。こちらも世界遺産。
周りに近距離で建物があったので、全景が上手く撮れずに残念。



こんなところまで細かいモザイクが。

DSC_0701.JPG

柱の模様もひとつずつ違っている。



1階にはバルがあるので、公演開始前にピンチョスとカヴァで腹ごしらえ。

舞台はこんな感じ。

DSC_0794.JPG

美しすぎる天井。

DSC_0799.JPG

クローズアーップ!

DSC_0786.JPG

細部にまで精巧な装飾が施されたこのホール、ひとつでも装飾が外されると響きが全然違ってくるらしい。建築家のドメネクさんはすべてが揃った状態で、いちばんきれいに音楽が聴こえるように設計したんだそうな(イッテQのウケウリ)。

確かに美しい音楽を堪能しました。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment






 

Trackback

http://janvier27.jugem.jp/trackback/176