スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

Nancy

9/21(火)

一部の方のみ分かるネタ。「ナンシー」へ日帰り旅行。

DSC_0002 (6).JPG 

ここに行かないと日本には帰れまい!ということで、フランス東部ロレーヌ地方の中心都市、ナンシーへ。パリからTGVで1時間半。

街の中心のスタニスラス広場。

DSC_0010 (5).JPG

106m×124mの広大な広場は世界遺産。



スタニスラス広場は絢爛豪華なロココ様式だけど、ナンシーの名物はアールヌーボー建築。アールヌーボー(Art Nouveau)は新しい芸術という意味で、19世紀末から20世紀初頭にかけて興った美術運動。

ツーリスト・オフィスでアールヌーボー建築マップをもらって、いざ「アールヌーボーを探せ!」に出発。

その前にお昼

ランチをとったブラッスリー・エクセルシオールもアールヌーボー建築の建物。このロゴ、日本でもお馴染み。日本ではケーキ&お惣菜しか売っていないけれど。

DSC_0035 (2).JPG

お店の中はこんな感じでとっても豪華。

DSC_0029 (4).JPG

ロレーヌ地方に来たからには、キッシュ・ロレーヌを食べなければ!ベーコンが入ったベーシックなキッシュだけど、さすが本場は美味しい!!ちょっと茶碗蒸しっぽい(笑)。



腹ごしらえを終えて、今度こそ出発。

普通の民家の間にこっそりとアールヌーボーの建物が紛れているので、歩きながら「あ!あれだ!」って見つけるのが楽しい。でも、写真に特徴を収めるのはムズカシイ…。

DSC_0046 (3).JPG

DSC_0053 (2).JPG

DSC_0059 (2).JPG


DSC_0063 (2).JPG

DSC_0064.JPG

DSC_0072.JPG

DSC_0090.JPG

DSC_0155.JPG

花や植物のモチーフとか、曲線が特徴のアールヌーボー。スペインで見たガウディの建物に似ているなぁと思ったら、フランスのアールヌーボー=スペインのモデルニスモらしい。どおりで。

アールヌーボーを満喫した後は、ペピニエール公園でのんびり。

DSC_0115.JPG

どこに行っても広くてきれいな公園があっていいなぁ。

DSC_0117.JPG

帰りの電車は値段で選んで夜8時台のにしてしまって、そんなにナンシーで時間潰せるかな?とちょっと失敗したかと思ったけど、終わってみればあっと言う間の10時間だった。

本当にフランスはどこに行ってもきれいでズルイよ〜!

そんなフランス滞在もあと残すところ3日!!!

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment






 

Trackback

http://janvier27.jugem.jp/trackback/165