スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

食い倒れの旅 - ビルバオ編

5/23(日)

ビルバオへ遠足。

ビルバオはスペイン・バスクの首都。サン・セバスチャンからはバスで約1時間。

ヨーロッパの日曜日はお店はどこもやっていないので美術館に行くに限る!ということでグッゲンハイム美術館のあるこの街をチョイス。

この日の朝ごはんはチュロス。チョコレートソースにつけて食べる。濃厚!

DSC_0478.JPG

チュレリアという専門店があるのだ。

自称「よく眠れない神経質なA型」チームは寝坊して集合時間に起きたため、先発隊のお恵みに与る。違うんだよぅ、携帯のアラームが鳴らなかったんだよぅ…。

バス到着後、トラムに乗り換えて美術館へ。

DSC_0491.JPG

小花の生えたトラムの線路がほのぼのして良い感じ。

美術館を目前にして子供に混ざってはしゃぐ良い年した大人たち…。




これがグッゲンハイム美術館。全景はもっと前衛的な姿で、平らな面が一切ないとか。



作品を見る前にお昼ごはーん!!むしろこっちが目的では?という噂もあったりなかったり。

美術館併設のレストランは若手注目シェフが腕を振るっているということで、ボルドーにいる間にスペイン隊長が予約電話をしてくれたけど、あいにく空きがなく、少しカジュアルなビストロを予約。



でも十分美味しかった!!スペインではリオハ産のワインを選んでおけばハズレがないらしい。

調子に乗ってみんなでお昼からボトル2本空けてしまったけど、お会計には加算されておらず。スペイン隊長いわく、スペインの習慣的に、計4本(=ひとり1本)までプラス料金なしでイケたかも…と。ちょっと悔しい(笑)。

そしてやっと美術館に入場。

DSC_0526.JPG

こんな感じの現代アートが見られます。



DSC_0531.JPG



建物そのものもアート。どこを撮っても絵になる。



この後、あと1歩のところで帰りのバスを逃して、買っておいた切符がパァになるという計画性のなさをさらしつつ、そんなトラブルも4人一緒なら笑い話。

無事サン・セバスチャンに帰り着いた後は、夜ごはんどうする?という話に。以前勤めていた事務所の弁護士に教えてもらった知る人ぞ知る!なお店に行く予定にしていたけど、お昼の食べすぎでみんなイマイチお腹が空いてない。

でも、そのお店に行けるのはこの日しかないし…と、とりあえずタクシーでお店に行ってみる。



郊外にある一軒家レストラン。お店の名前が読めなひ…。

不思議なことに?メニューを見ている間にすっかり臨戦態勢になった結果、こんな品々を注文。

DSC_0572-2.JPG DSC_0573-2.JPG
DSC_0574-2.JPG DSC_0578-2.JPG

面白いのがコレ。バスク名物「ココチャ」という魚の下あご部分。1匹につき少量しか取れないので貴重なんだって。コラーゲンたっぷり。

DSC_0576-2.JPG

お腹空いていないなんて言ったの誰??デザートもしっかりひとり1品。

 DSC_0586.JPG DSC_0585.JPG
DSC_0587.JPG DSC_0584.JPG

食い倒れの旅の名に恥じない1日であった!(笑)

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
Previous Entry | Next Entry

Comment

= スペイン隊長殿 =

チャコリ飲みに行きたい〜!あとあのピーマン…。
モノプリで「ボデガ」を売っているので、買って帰ろうか迷い所です。
でも、チャコリを手に入れるのが難しいかなぁ。
しかもあの注ぎ技もできない…。
ええ〜食後にチュロス?!しかも食べ始めるの9時頃なのに!!
おー!!
ちょうどバスクレストランになかなか行けないね〜と話していたところ。
フランス隊長の帰国を待って、みんなでチャコリ飲みに行こう!
そして、衝撃の事実判明。スペインでは飲みの後にチュロスなんだって!ラーメンみたいな感じ?濃すぎ…
  • スペイン隊長
  • 2010.09.15 23:08





 

Trackback

http://janvier27.jugem.jp/trackback/162